くおりあは何度でもころぶ。

フリーランスwebライター「くおりあ」が何事かを吐き捨てる。

メンタルについて語ってみるか。( ˘ω˘)

おりあはメンヘラじゃありません※いまは。

 

f:id:qualia0327:20170317115356p:plain

 

どうもいつも見ていただいてる方ありがとうございます。最近髪型と髪色が完全に迷走気味で、ツートンにしたり金髪にしたり長くしてたのを切って失敗してボブにしたりと忙しいくおりあです。最終的に髪色は濃紫に落ち着いたよ。

 

まあ髪の話はどうだっていいんですけど、先日知人と髪型について話してまして、「前髪ぱっつんにするとメンヘラ臭するんだよね」と言ったところ、「え、おまえ(くおりあ)メンヘラじゃん」というドストレートな煽りを食らったので次の記事はメンタルについて書こうかなと思ったわけです。メンタル健康なヒトは興味ないかもね。( ˘ω˘)

 

たしかに、くおりあは一度メンタルをヤりました。いや、ヤられたとヒトのせいにすることもできるけど、問題はそこじゃあない。一度はぶっ壊れたということが大事なんです。

 

きっかけ

 

f:id:qualia0327:20170317113731p:plainたまにはいらすとやさんの素材を使ってくスタイル

 

メンタルをアレしちゃう原因でもけっこう上位に来るっぽいのが人間関係ですが、くおりあもたぶん人間関係でした。特に多いのは職場での人間関係ですな。ちょっち昔話をすると新卒ピカピカで入社したくおりあは、仕事に燃える若人でした(遠い目)。頼まれたらなんでもやる、残業もする、仕事終わったのが朝4時とかって日もありました。んでまぁ古い組織なもんで、そういう態度が年配の方から気に入られていろいろ頼みごとをされ、最終的に部署内で、他部署との連絡窓口みたいな役割に収まってました。

 

で。

 

けど、そういうのって新人がふつうやるものじゃないんですよね。他部署の方と上層部(笑)からの評価と引き換えに、自部署内での私の立場は見る間に悪くなっていきました。仕事独占とか、ムダ残業とか、組織をないがしろにするなとかね。正直この批判は正しいです。スタンドプレーで悦に入った私が悪い。( ˘ω˘)まぁ、なにが原因かって言うならコレ(職場での針のむしろ状態)なんだろうなーって思ってます。そのあとも目に見えた嫌がらせが増えたりとか、残業禁止令が出てサビ残対応するハメになったりとか、まぁいろいろあったわけだけども。

 

症状めっちゃ出たよ!

 

あれ…朝起きれない…←最初の症状がこれでした。社会人になって寝坊で遅刻なんて、情けなくて情けなくて、アラーム3個くらい設置しました。それでも起きれない。そして夜も眠れない。ここから体調は一気に急降下していきます。

 

・体が変に暑い、でも手足冷える。まぁ自律神経がアレしたんでしょうね。

・喉の違和感、喉をずっと押されてる感じ。これ今でもあります。後遺症ですかね。悪いときは吐き気も加わります。

・手汗やばい、手の震えやばい。ご飯を食べようとすると、持ってる箸と首が震えて上手に食べられません。よくわからんって方は、赤べこをイメージするといんじゃないすかね。

・食べ物の味が感じにくい→食事が苦痛。辛いもの、酸っぱいもの、苦いもの以外よくわかんなくなります。あっさり系の料理とかほんと味しない。

・とにかく動けない。立ち上がってトイレに行くことすらかなり重労働。でも寝てればいいって思うじゃん?不眠もセットでくるんだなコレが。

 

あ、それとは別にもちろん食欲不振倦怠感不眠集中力低下イライラ消化不良偏頭痛吐き気微熱低血圧あたりの月並みな症状はフルコンボだドン!




そんなんでウツになるとかメンタル弱すぎwww

 

実際のとこ、その程度のストレスなら社会人誰でも味わってんじゃねとは思ってます。ただ、自分自身でも特に落ち込んだりとかしてなかっただけに、急に症状が出始めたのがびっくりでした。普通気分が落ち込んでから症状出るんじゃないのって思ったので。でも、どうやら”そういうもの”なんだそうです。いつも明るくて元気な人でも、ほんのちょっとしたきっかけでメンタル不調になったりとか。他の人からしたら、え、そんなことで、みたいなことでとか、割とあるらしい。

 

んでまぁ心療内科にかかったわけですが、そのときに先生が仰ったのが

 

「野球で3割打者ったらまぁまぁすごいでしょ。あなたは10割打とうとしてる、そんなの無理なんだよ。そんな人いないからね。10割を目指して試合に出るけど、結果3割だった、それは褒めていいことなんだよ。

 

「今までコップに溜めてきたものが、最後の一滴で一気に溢れちゃうこともあるよ。ぎりぎりのところで、表面張力で収まってたってこともあるんだから」

 

「お仕事をしばらく休んで、好きな場所で好きなことをして、好きな音楽聞きなさい。別にアルファ波音楽とかじゃなくていいから。」

 

 

みたいな感じのことでした。

2番めの話からすると、やっぱメンタルって耐久度あるのかな、とか思うけど、一応好調な今振り返って思うと、やっぱりメンタルにもともと耐久度なんてパラメータはないんじゃないかって思うんだ。ゲームに例えるとさ、HPとかMPとかのシステムじゃなくて残機制なんだと思うんだよ。たぶんね。”ここまでなら耐えられる”とかじゃなくて、ド真ん中命中したら一撃ゲームオーバー。で、いつ当たるかはわからない、誰でも当たる可能性がある、みたいなね。(伝われ)

治療はどうやったん

 

まぁ薬はめっっちゃ出ましたね。覚えてる限りだと

心療内科アモキサンドグマチールリボトリールロヒプノールパキシル

内科…イミグランハイペン、ガスロン、プリンペラン

漢方療法…半夏厚朴湯、半夏瀉心湯、五苓散

 

あたりだったような。でも名前覚えてないのが何個かあるからもうちょいあると思うです。出かけるときカバンがマジで薬でいっぱいだったからねw

 

もち、医師の診断受けるのが前提だろうけど、手汗とか身体の一部に汗かく状況では五苓散まじで効きました。※あくまで私の場合な。

 

んで結局何が言いたかったん

 

めっちゃ長くなって落とし所探しているうちにこんな長文になってしまったけれども、まぁ結論として、「メンタルの強い弱いとかじゃなくて、なるときはなるのがウツ」だと思うってこと。

 

そんで、一回なっちゃうとなかなか治らないし、後遺症っぽいのがずっと続くこともある。なので、「メンタルが弱い」とかいう言葉は絶滅していただきたい。切実に。うつで仕事を休む同僚がいたら、そっとしておいてあげてください。たぶん、見えてる以上に本人は苦しいはずなんでね。本人が辛いかどうか、仕事ができる状態かどうかを判断するのは同僚だの先輩だのじゃなくて、本人と、その家族と、医者だろって。

 

ってな感じで。

 

あ、繰り返しになりますけどくおりあ現在は元気です。

そのうち、「うつ治療編」も書くかも。気が向いたら。

 

ブログの方向性を迷走させていくスタイル( ˘ω˘)ふっ…

 

【Amazonアソシエイトに参加しています。】