くおりあは何度でもころぶ。

フリーランスwebライター「くおりあ」が何事かを吐き捨てる。

仕事道具について語るよー( ˘ω˘)

f:id:qualia0327:20160809202540j:plain

  • アサスだろ
  • エイサスですよ
  • アススだよ
  • エイスースだって
  • 言ってんだろが

 

うもこんばんは。くおりあでございます。けっこ間が空きましたね。まぁ間が空いたっていうか魔が差したっていうか禍々しいっていうか。今日は私が独立してから選んできた仕事道具を紹介しようかなって。同じような仕事するヒトの参考になったりならなかったりするんじゃないかなって、主にならないんじゃないかなって思うんだ。経済状況が近いヒトには参考になるかもよ!

 

私はもともとPCはノート派で、最初に買ったPCはパナソニックのLet's note Rモデルでした。あの小ささに惚れ込んで買ったわけです。けどふつーに20万超えとかするんですよね。あの当時(想像に任せる)は、PCってそれくらいのものだったわけだ。

 

f:id:qualia0327:20160809190452p:plain

んで、実はこのLet's note、社会人になってからも使ってました。一度だけディスプレイの修理を挟みましたが、通算すると9年と6ヶ月も使えばそりゃーあちこち不具合が出てきたってんで、独立を機に買い換えたわけです。ちなみにこの子、標準でメモリ256MBで、私は増設して700MB。後半はCentOS入れて使ってました。最後の最後はwubi使ってXubuntuにしてたような…Lubuntuだったかな? デスクトップ環境をKDEだったかLXDEだったかにするとまぁ、一応まだ使えるかな…どうかな…みたいな状況でした。あ、スプレッドシートとか動かすとほぼ確実に落ちましたね。通信環境変えずに端末変えると正常だったので、たぶんこの子の問題でしょう。よくがんばった。えらいぞ。

 

そんでついに買ったのが、ASUSの製品。独立当時カネがあんま無かった私は、安い製品を求めていました。そんな中で辿り着いたのが、ASUSのEeeBOX、購入したのがEB1505という製品です。

f:id:qualia0327:20160810161724j:plain

(画像はASUS公式より)メモリ4GBで省スペース、無線LANも対応して、私が買ったとき確か3万前後だった気が。そんとき気づいたんですね。あれ?これくらいのスペック・価格で自分には充分なんじゃね?って。私の仕事ってほとんど重い処理しないんですよ。ブラウジング、ライティングがメインで、細々としたことはやりますけど、3Dゲームとかやるわけじゃないしね。昔はやってたけど。 このときはデフォルトで入ってるWindows8.1からそっこーでUbuntuに乗り換えて、27インチディスプレイを使って作業してました。思えばこのとき、贅沢な環境だったなぁと。EB1505はしばらく使ったんですが、「やっぱノートがいいや」ってのと、「ディスプレイの電気代まじやべー」ってんで、ノート型を色々探していました。この時期めちゃ経済的に厳しかったのもあって、「とにかく原稿さえ書ければいい、今持ってるPCとディスプレイを売って手に入るお金で買えるノート型を」と探した結果、辿り着いたのが、ASUSネットブック、「1011px」でした。

※画像はAmazonへのリンクです

この子は、Windows7 Starterが入った典型的なネットブック、メモリは標準1GB、交換しても最大で2GBという割りきりっぷり。私が買ったときは運良くきっかり1万円で購入できました(中古)。売ったお金から釣りがきましたね。とはいえ、動作はお察し。しかもStarterって…という感じだったので、このときはOSをLinux Mint、デスクトップ環境をLXDEにして使いました。Windows7(Home)のライセンスをいつぞやに買っていたのでインストールしても良かったんですが、まぁせっかくMintで割と快適に動いてるしってなもんで、しばらくはMintで稼働させてましたね。しかしそれでもやがて限界がきます。Chromiumでタブなんぼか開くとマウスカーソルが瞬間移動するとかねw原稿書くときって複数の情報元参照しますし、あわせてPDF資料の閲覧したりとかするんで。

あとはこのとき、前々から持っていたSharpのあの端末「Netwalker PC-Z1」も使ってましたwネタ機じゃないですよ!地味にいろいろ楽しいんですから。まじで。Ubuntu搭載、無線LAN対応、電子辞書サイズ、タッチパネル搭載という時代を先取りしすぎたアレです。と、Netwalker愛はありましたがさすがにOS古すぎリポジトリお亡くなり問題で、やはり売却。

 

※画像はAmazonへのリンクです

そんなわけで、お金ためてようやく買い換えたのがTransbook T90-chiというこれまたASUSの、2in1と呼ばれる種類の端末。タブレットとしてもノートとしても使えるPCです。私が買ったときで3万ちょいぐらいだったかな?この子が現役です。

 

f:id:qualia0327:20160809202540j:plain

そんでまぁなんで箱の写真があるかって、そりゃー「開封の儀」っぽいことをやろうとして箱写真とった時点でダルくなったからなんですけどね。この子はメモリ2GBと少なめ。でもプロセッサがいいらしく、かなりサクサク動いてくれます。Bluetoothで接続するキーボードとマウスも特に遅延とかはなく。ただ、たまにぶっつりキレた挙句キーボードからの入力がされたままになって「っつっつっつつっっっつっっっっっつ」みたいな文字でテキストエディタが埋め尽くされるというホラー状態に陥りますがw

 

何が気に入っているかって、やっぱサイズですね。これだけ動いて8.9型とくれば、もう言うことありません。(個人的には7インチぐらいに抑えてくれればさらによかった)もちろんこれだけコンパクトにまとめてあればそりゃ制限もあります。USBがMicroUSBしかなくて、しかも1個だから充電しながらUSB機器は使えないとか、記憶領域少なすぎ問題(モデルによるけど私のだと16GBかな?)とか。まぁそれらの問題に目をつぶってでも、「いつでも持ち運んで原稿書ける」というのは大きいですね。

 

f:id:qualia0327:20160809214851j:plain

 大きさ比較用にタバコ箱置いてみました。タテに置くと3つとちょいぐらいかな?ショルダーバッグに楽々入るサイズです。重量も748g。肩が凝るような重さのモノじゃないです。お出かけのときにサクッとバッグに入れられるサイズ&重量、素晴らしい…!

 

 

 

f:id:qualia0327:20160809220123j:plain

 モスの狭い机一つ分のスペースでマウスの場所も充分。オフィスじゃなく、自宅とか、カフェで仕事する。打ち合わせに頻繁に行く、なんてヒトにはオススメですね。

 

 

ちなみに、家で使うときにはこのようにキーボードから取り外して、タブレットスタンドに置いてます。別に深い意味はないです。(強いていえば角度調節がラク)

f:id:qualia0327:20160809214840j:plainf:id:qualia0327:20160809214848j:plain

 

 

f:id:qualia0327:20160809220204j:plain

ちなみに、DellのActive Stylusを使うとタッチペンでも操作できるので、大変快適です。手書きメモとかね。私は打ち合わせに出掛けたり、話を聞きに行ったり、資料閲覧しに行ったりするときにはタブレット部+ペンだけを出せるようにしておいて、その場でぱぱっとメモっちゃいます。画像ではEvernote使ってます。最近はもう面倒なのでペイントとかに書いてますけどw

ちなみに、メモ帳とかのテキストエディタを起動した状態でタッチペン操作をすると、手書き認識モードに切り替わるのはこれ使って初めて知りました。すげー。

 

 

と、まぁこんな感じで!ずいぶん書いたな今日…( ˘ω˘)またそのうち更新しますー!

 

【Amazonアソシエイトに参加しています。】